JB Diary

 

このページでは、UK Classic Factory運営の傍ら、15年前からキャリアコンサルタントとして活動する勝見祐幸が、レンジローバーに関連する情報含め、日々心に浮かんだことなどを綴っていきます。

ディフェンダーAT車の販売を始めました。

March 1, 2017

小田原のUK Classic Factoryでは、イギリスのディフェンダー専門店と提携して、高年式で程度の良いディフェンダーの並行輸入販売を開始しました。ディフェンダーの源流であるランドローバーシリーズⅠは1948年に生産を開始、以降半世紀以上に亘って世界中の過酷な環境で酷使されつつ、英国王室を筆頭にセレブレリティからも愛されてきた車ですが、2016年1月に惜しまれつつ生産を終了しています。

 ディフェンダーの生産は、最後までディーゼルエンジンのマニュアルトランスミッション車が中心だったことから、日本では2000年前後に限られた台数が正規輸入されたのみですが、現在も走行10万キロを超える車両が販売当時とあまり変わりない値段で取引されており、その無骨ながら洗練されたスタイルには国内にも根強いファンがいます。

UK Classic Factoryの車両は、高年式で走行距離の少ないものを厳選して輸入した上で、内外装を新車同様にリフレッシュ、ランドローバー業界でもその名を知られた澤地自動車のメカニックが機関をしつかりと整備した上で保証をつけて販売しています。なお、日本でも並行輸入したMT車をATに換装してくれるところはありますが、部品代込みで200~300万かかるのが現状です。UK Classic Factoryでは、イギリスでディフェンダー専用のATキットを製造している会社に委託して現地でMTをATに換装したものを独自に輸入することで、相対的にお求めやすい価格を実現しています。ディフェンダーのスタイルが好きで、かつ気軽に乗れる高年式のAT車を探していたお客様にとっては、うってつけかと思います。エイジレスのスタイルで、生産が終了して以降、イギリスでも程度の良い車両の調達が難しくなっていることもあり、もし将来的に手放す際にも、有利な条件での売却が期待できます。

現在、試乗車のご用意もしており、海沿いのドライブを楽しみながらAT車のスムーズな走りも体験していただけますので、ぜひお気軽に小田原までお越しくださいませ。現在の在庫車の情報は「Stock」のページをご覧ください。これ以外にも、これから数台の車両が到着予定で、今後はご希望に応じたイギリスからの買い付けも行いますので、MT車、ショートボディの90を探している方、ご希望のカラー・仕様がある方も、お気軽にお問合せいただければ幸いです。

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

OPENING HOURS

平日:      10:00~18:00

土日祝:  10:00~18:00

※平日・土日祝とも不定休ですので、

お越しいただく場合は前日までにご

連絡いただけますと幸いです。

LOCATION

有限会社ジェイブランディング 墨田ガレージ

〒131-0031東京都墨田区墨田2-6-8

ソレアード鐘ヶ淵B1F 
Tel: 03-6657-3340

Fax: 03-3445-0553

有限会社ジェイブランディング

〒106-0032 東京都港区六本木5-15-21-203

Mail: ukclassicfactory@gmail.com

MAP